強い意志と引き継ぎが肝心の退職について

9月 24, 2017 · Posted in · 強い意志と引き継ぎが肝心の退職について はコメントを受け付けていません。 

退職を実施する時は、心構えとして強い意志を持つ事が大切だ。会社によっては優秀な人材の流出を防ぐ為に、引き留める行動や話をされる事があるかもしれない。本人が退職すると決めた以上、考えが変わってしまったら今後の人生に悪い影響を及ぼす可能性がある。その為、強い意志を持って、これまでお世話になった会社を辞める事が欠かせない。特に優秀な人材の場合は、それだけ引き留められる可能性があり、強い意志が必要だ。

次に退職が決まったら、これまでに実施してきた作業の引き継ぎを行わなければならない。簡単な仕事の場合は、そこまで時間をかけないで引き継ぎを終える事が可能だろう。しかし、重要なポジションで仕事をしてきた方は、かなり大変な引き継ぎ作業が発生するので、最低でも1ヶ月前には会社を辞める意志を伝え、引き継ぎを開始しなければならない。

また、引き継ぎ作業を実施する際には、引き継ぐ方に対して丁寧で分かりやすく教える必要がある。思っているよりも大変な作業になる事もあるので、予めマニュアルや説明書を作成しておくと効率よく引き継ぎ作業を行えるだろう。

しかし、万全を期しても、これまで一緒に仕事してきた仲間には大きな迷惑を欠ける可能性がある。そのため、感謝の気持ちを持ちつつも、しっかりと引き継ぎを行えるように、最大限の努力と工夫を行う事が大切だ。会社を辞めるという事は、自分だけの問題ではなく、会社や一緒に働いてきた同僚にも少なからず負担をかけるということを忘れてはならない。

色々と心構えを持ってから退職に臨もう。

9月 15, 2017 · Posted in · 色々と心構えを持ってから退職に臨もう。 はコメントを受け付けていません。 

退職をする上での心構えとしては、まず仕事の引き継ぎ作業が発生する事を知っておく必要がある。大変な仕事をこれまで実施してきた方は、他の方に現在自分が行っている仕事を引き継がないといけない。簡単な仕事の場合にはそこまで時間がかかる事はないが、複雑で責任が重い仕事の場合には、それだけ引き継ぎをする為の時間が必要になってくることを想定しておこう。

多くの人は退職をする1ヶ月くらい前に、勤め先の会社に意思表示をする事になるだろう。そして、新しい仕事先も見つけておかなければならない。安定した収入が無くなってしまうと、今まで通りの生活を維持することができなくなるので、転職活動は重要だ。会社を辞めるということは、生活に関しても何かしらの変化を与える事は間違いないので、しっかりと覚悟を決める事が重要になってくる。

また、注意しなくてはいけないことは他にもある。退職によって人間関係が劣悪化してしまう可能性があるので、お世話になった会社の仲間には配慮も必要だ。辞める人間に対して、これまでは優しく接してくれた人も手のひらを返すことは十分にあり得る。こちらが不利になるような状況が発生する事も少なくないかもしれない。そのような事態が発生した場合には、効率よく引き継ぎ作業を実施しつつ、上手く対応してく事が求められるだろう。

さらに、会社によっては、辞めてもらいたくないという意思を伝えてくる場合もあるかもしれない。そのため、強い意志で辞める事を決意している場合には、断腸の思いで話を断る必要がある。

退職する際に知っておきたいマナーについて

9月 5, 2017 · Posted in · 退職する際に知っておきたいマナーについて はコメントを受け付けていません。 

社会的なマナーを守った上で退職は行なうべきである。例えば会社を辞めようと決めた翌日にその旨を伝えたとしたら、職場に大きな損害を与える事になる為注意が必要である。一人の人材が辞めるという事は、会社からすれば働いてくれる人がいなくなるという事であるため、就職している場所の就業マナーに則って仕事を辞めたい旨を伝える必要があるのだ。

一般的には最低でも2週間前に退職希望を伝えるのが普通である。こうする事によって会社は求人を募って人材の欠損を埋められるだけでなく、仕事のスケジュールを変更できるからだ。もちろん2週間前は最低期間であるため、早ければ早いほど会社としては理想的にその後のことが進められる。特に仕事を辞めてからもその会社の人達と円満な交友関係を続けていきたい場合は、こうした心構えが重要になってくるだろう。

また、自分自身が特別な役職に就いており、スタッフのシフト組みなど重要な仕事を背負っている場合は、業務内容をきちんと他の人に引き継ぐ事も大切だ。仕事を丸投げしたまま退職しても法律上は問題ないが、社会人としてマナーを守りたいならきちんと引継ぎを行なうようにしよう。ともすれば自分が引継ぎを行なわない事によって、会社に経済的な不利益が発生するケースもあるので注意しよう。

また、仕事を辞める前にお世話になった人達には、タイミングを図って退職の事を伝えておくべきである。これは自分を育ててくれた人だけでなく、一緒に勤務したスタッフに対する礼儀でもある。社会に出ている以上、仕事を辞めるときのマナーをきちんと把握し、円満退社を心掛けるようにしよう。