退職する際に知っておきたいマナーについて

9月 5, 2017 · Posted in · 退職する際に知っておきたいマナーについて はコメントを受け付けていません。 

社会的なマナーを守った上で退職は行なうべきである。例えば会社を辞めようと決めた翌日にその旨を伝えたとしたら、職場に大きな損害を与える事になる為注意が必要である。一人の人材が辞めるという事は、会社からすれば働いてくれる人がいなくなるという事であるため、就職している場所の就業マナーに則って仕事を辞めたい旨を伝える必要があるのだ。

一般的には最低でも2週間前に退職希望を伝えるのが普通である。こうする事によって会社は求人を募って人材の欠損を埋められるだけでなく、仕事のスケジュールを変更できるからだ。もちろん2週間前は最低期間であるため、早ければ早いほど会社としては理想的にその後のことが進められる。特に仕事を辞めてからもその会社の人達と円満な交友関係を続けていきたい場合は、こうした心構えが重要になってくるだろう。

また、自分自身が特別な役職に就いており、スタッフのシフト組みなど重要な仕事を背負っている場合は、業務内容をきちんと他の人に引き継ぐ事も大切だ。仕事を丸投げしたまま退職しても法律上は問題ないが、社会人としてマナーを守りたいならきちんと引継ぎを行なうようにしよう。ともすれば自分が引継ぎを行なわない事によって、会社に経済的な不利益が発生するケースもあるので注意しよう。

また、仕事を辞める前にお世話になった人達には、タイミングを図って退職の事を伝えておくべきである。これは自分を育ててくれた人だけでなく、一緒に勤務したスタッフに対する礼儀でもある。社会に出ている以上、仕事を辞めるときのマナーをきちんと把握し、円満退社を心掛けるようにしよう。