覚悟を持つことが「退職」には欠かせない

10月 17, 2017 · Posted in · 覚悟を持つことが「退職」には欠かせない はコメントを受け付けていません。 

離職を考える時、最も重要なことは「辞める」という強い意思だ。それを持っていないと、退職を成し遂げることが難しい場合がある。まず、会社を辞めるには退職願を準備しなければならない。これを書く時はもちろん、提出する時もやはり緊張するだろう。

しかも、会社を辞めるのは一瞬ではない。あなたが会社の中で重要なポジションを確立していればいるほど、引継ぎも長くなるからだ。引継ぎ期間中は他の社員に辞めたものとして扱われる事もあり、社内でのコミュニケーションをしっかりと取っていなければ、この引き継ぎ期間は辛い期間となってしまうだろう。また、場合によっては上司や深から引き止められるかもしれない。言葉のみでの引き止めならば、ある程度の心構えを持っていれば問題はないだろう。しかし、会社側から給料や休日などの待遇改善を申し出てくる事もあるので、その際は心が揺れるかもしれない。万が一迷いが生じてしまったら、退職するまでの期間が長引いてしまう可能性もあるだろう。

もちろん納得できればその場に残るという選択肢もあるが、そうした場合、他の社員の妬みを買うことも考えられる。それは、気分の良いものではないはずだ。そのため、どんな条件を提示されても「辞める」という強い覚悟が必要だ。

退職を考えている人は、会社からの引き止めや交渉などを想定しておく事はもちろん、引継ぎの準備を予め行っておくなど、強い意志を持つことと、準備を怠ってはいけない。そうでなければ、スムーズに会社を去ることは難しくなるだろう。